医療について

長生きさせる医療が本当にいいのか

人の命を助けることは何よりも大切なことです。
怪我、病気の人を健康にすることは医療にとって大切ですし、怪我、病気をした本人も健康になりたいと考えています。
しかし、そうでないケースもあります。
老人のケースです。
脳卒中、脳梗塞などの病気になりますと体に麻痺が残ったりしますし、がんなどになりますと治療でお金が掛かりますし、治療期間も長くかかります。
麻痺になった状態が本人は幸せになれるのだろうか、本人だけでなく周囲の人もです。
麻痺になった人をサポートするのは大変です。
食事、排泄などはもちろんのこと歩くことさえ一緒にいなくてはできないこともあります。
がんにしても末期がんですと治ることはなく、延命させるために治療費がかかります。
それが本人だけでなく周囲に大きな負担となります。
医療は大切なことです。
病気の人、怪我の人をそのままにしておくなんてできません。
しかし、医療を行うことで本人が幸せになれない、周囲の人が幸せになれないことが本当にいいことなのか考えなくはいけない時期に来ています。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.